休学、不登校、ニート、離職等、自分の可能性を開きたい若者のための愚放塾!【定員2名】塾生募集中  

才能教育
自分を天才だと思ったことはありませんか?
 
生きづらい社会で埋もれた天才を天才にする!演劇で、気づく、花開く!

休学・不登校、大学へ行けない、あなたへ
 
演劇で学ぶ、コミュニケーション力、生きる力、創造力!

学ぶ教師、遊ぶ教師、扉を開く教師になる!
 
演劇で、殻を破った魅力的な教師になりませんか?

自分を磨き、仕事を楽しむプロフェッショナルになる!
 

生き甲斐、やり甲斐、育て甲斐のある職場にしませんか?

お知らせ

new2017年10月4日トークセッション『子どもと学校』2017年10月29日(日)追加
2017年9月23日『無料体験教室』を東京で行います!追加
2017年7月30日『スタッフのページ』をつくりました追加
2017年6月29日『3週間コース卒業体験記』をアップしました追加
2017年6月25日西日本放送「RNC news every」27日(火)18:15~19:00にて「愚放塾の教育現場」の様子が放送されます 追加
2017年6月15日不登校の問題を考える『教育座談会』追加
2017年5月25日教師のための演劇教育ワークショップ(平成29年8/10~13)追加
2017年5月12日2週間コース、3週間コースを新設しました追加
2017年3月26日「朝日新聞」に愚放塾の記事が掲載されました追加
2017年3月5日不登校生のための自己発見ワークショップ(平成17年8月1日~4日)追加
2017年2月25日「自己変容」演劇ワークショップ(平成17年7月8日~11日)追加
2017年2月4日無料教育相談室in東京(平成29年3/11~12)追加
2017年1月24日「自分を限りなく遠くへジャンプさせよう!」:農民歌舞伎鑑賞付き(平成29年5/3~5/7)追加
2016年12月7日西日本放送ラジオ(1449KHz)「さわやかラジオ 気分上々」の「演劇満載」のコーナーで「愚放塾の演劇教育」について放送されます:12月15日朝10時10分頃~追加
2016年12月1日『不登校・休学・ニート・ひきこもり』無料教育相談会in西光寺(平成28年12月21日小豆島大師市)追加
2016年11月14日不登校の問題を考える『教育座談会』(平成28年12月10日)追加
2016年5月16日塾長木戸が講演を行います:『いじめ防止 子どもの心を守ろう』(平成28年7月9~10日)追加
2016年3月30日「せとうち暮らし」に愚放塾の記事が掲載されました追加
2016年3月15日塾長木戸が「小豆島物語」に掲載されました追加
2016年3月10日「ハンドライティング・ワークショップ」in 東京(平成28年5月8日)追加
2015年9月18日塾生卒業公演(平成27年10月10日(土)19時開演)追加
2015年2月8日「ピンクシャツデー愛媛in新居浜」での塾長講演が愛媛地方局で放映されました
2015年1月19日出張ワークショップin宮崎大学(平成27年2月20日)追加
2014年12月8日塾長木戸が公演をします:ピンクシャツデー愛媛in新居浜(平成27年2月8日)追加
2014年11月8日ワークショップの様子が「読売新聞」香川地域版に掲載されました追加


体験の声をお読みください。

『塾生の進路・現状報告』:小豆島愚放塾【2014年9月9日開塾】

開塾以来、フリーターニート高校・大学休学生等8名が卒業。フリーターの塾生は、空間デザイン会社の正社員となり、ニートの塾生は、行政書士事務所を開きました。2年半大学を休学していた塾生は、復学し全科目ほぼ「優」という優秀な成績を残しています。3週間コースを卒業した大学休学生も復学し、その後皆勤で通っています。高校休学中だった塾生も復学しました。ドロップアウトした若者も人生の目的を見出し巣立っていきました。

kamome愚放塾周辺の景色

ワークスペース愚放塾舎の案内

電話でのお問合せ・ご相談は
080-4918-3580
メールでのご相談は
guhoujuku@gmail.com 
またはこちらからどうぞ!

tktm_bnr_250

漫画家として行き詰まったときに駆け込みました。そして僕は、漫画家に戻りました!

体験者の声
塾生の卒業手記、自己変容・教師のため等の演劇ワークショップ参加者の声が収められています。

jkc_bnr_250

人前恐怖症、ダメ教師、挫折と自己変容……

はじめてのかたは

愚放塾の活動の意義、特色、内容を紹介します。

大学休学、大学不登校 復学、復帰
【定員2名】:受付中
「あるがままの自分」を育て本来の才能を開きます。

小豆島
自分の「好き」を大切に新たな可能性とつながります。環境を変えてみよう

スタッフ
塾生の悩みや課題に寄り添いサポートするスタッフのページです。

演劇ワークショップ
一人ひとりが課題と向き合い、かけがえなのない時間を一緒に創ります。

自己変容
演劇力、農業力、支援力で 根本からの「つなぎなおし」を実現します。

休学、不登校問題
休学生、不登校生の目線で問題の核心を考えてみました。

演劇教育
「ありのままの自分とは何か」を1980年代からの若者言葉や文化を参照しながら考察してみました。

自己変容
物語形式とはいえ、塾長の木戸の悩み深い青年期の記録です。

大学不登校・休学
大学へ行くことができずにひきこもっているA君の悩みの解決策をQ&A形式で考えてみました。

大学不登校・休学
塾生の日々の生活の記録です。思い思いの感想や意見が自由に書かれています。

大学不登校・休学
愚放塾教育の発信メディア「メルマガ」(無料)をご希望の方はこちらから申し込んでください。

 

プロモーションVTR

小豆島で自己変容教育・自己開花才能教育の【愚放塾】:入塾:演劇ワークショップ:社員研修

愚放塾は、互いに認め支え合う「支援」力を土台とし、「演劇」力と「農業」力の3つの力を組み合わせた演劇を中心とした教育プログラムによって、自分を学び、可能性を開く、才能教育を行っています。「頑張らない、楽しない、ごまかさない」をモットーに、楽しみ喜びのなかで、才能と情熱が出会い、目的に向かってやり抜く力が養われます。
*塾長自らが演劇体験によって「自己変容」が起こり、自分が救われた経験を持っています。その後、演劇教育によって目覚め羽ばたいていく若者の姿を目の当たりにし演劇の限りない力を確信し、その力を方法化しました。それが演劇メソッド100です。演劇的手法を用いたトレーニングによって、誰もが自己変容を体験し、自らの力で自己開花を実現する新コミュニケーション演劇教育を行っております。

演劇ワークショップを受講する人へ
「自己変容」をテーマとした各種演劇ワークショップを行っています。ワークショップとは、教室で行う授業と違って答えを速く出すことでも、正解を求めるものでもありません。愚放塾の演劇ワークショップでは、互いが信頼できる「場づくり」を最優先させ、誰もが伸び伸びと活動できるように細心の注意を払います。結果が予想できないなかでも自由に動ける安心した場を提供します。そのような安全な場所でワークショップは、一人ひとりの感性や気持ちを大切にして、その都度体験の振り返りを行います。うち解けた雰囲気の中で、あるがままの自分が開き、未知の自分との出会いを可能にします。「自己変容」とは、非日常的な場で身体が頭を飛び越えていき、いままでとは違う仕方で感じている「自分」がそこにいる体験です。この体験が、日常の世界において、自分の可能性を開き自分が変わる経験へとつながっていくのです。

また、人との接し方が苦手な人には、愚放塾の演劇教育をもとにした、コミュケーションワークショップやプレゼン上達ワークショップなどの演劇ワークショップを行っています。

社員研修をお探しの企業の方へ
上げ述べた演劇の手法を用いて、プレゼン上達ワークや問題解決ワークなど、様々な社員研修を行っております。変化の激しいこれからの時代を生き抜く協調性、柔軟性、創造力などの社員の才能を掘り起こします。企業内の人材育成研修をお考えでしたら、豊かな自然に囲まれた小豆島にある愚放塾での社員研修はいかがでしょうか。

大学復学・復帰を目指す方へ
愚放塾では、従来の教育システムや教育環境に馴染めず、人間関係に悩みを抱いたり、将来を悲観して意欲が湧かない等、種々の問題を抱えている大学休学生や大学不登校生の方々は、いま時代の環境に合わないだけであり、むしろ埋もれて活かされていない能力を秘めている「未才」「異才」ではないかと考えています。

中退・ニート・フリーター・ひきこもりはもちろん、生き方に困り、人生に悩んでる方へ
現代社会の風潮に生きづらさを感じ、自分の持ち味の活かし方が分からず、時代に取り残されてしまったような不安を抱いている若者、自信を失って将来を悲観している若者に対して、その潜在的な力を引き出します。

愚放塾の才能教育
小豆島の穏やかな海や静かな山々の美しい自然に触れながら、ゆったりした時間の流れの中で、愚放塾独自の徹底した個人教育によて、じっくり「自分」を学び、「自分」を鍛え、「自分」を開きます。演劇を教育の中心に置き、身体を通して、いままで使って来なかった頭の使い方を経験します。新たなものの見方を体得し、小さなチャレンジを繰り返し、試行錯誤しながら、熱中できるものを探します。そうして、本来の才能を発見し磨き、納得できる生き方を見つけます。大学不登校、休学生に対しては大学復学、復帰はもとより、各自が納得できる人生を開きます。また、人生に悩み、困っている等の若者に対しても、これからの時代を生き抜く確かな才能を開きます。また、愚放塾の「コミュケーション教育」とは、コミュニケーションスキルを学ぶのではありません、演劇の手法を使い、自分と対話し、他人と対話し、互いに活かし合うコミュニケーション力を養い、個性を開いていきます。従来のコミュニケーション教育とは一味違う新しいコミュニケーションの仕方を学びます。大学休学、不登校人生に躓き、悩んでいる期間を、自己成長するのための貴重な時間として、愚放塾の教育システムをご活用ください。

教育相談
大学休学生・大学不登校生ニート・ひきこもり子供を持つご家族の相談を随時行っています。また、少中高不登校生、生き方に迷っている若者を持つご家族の相談にも応じ、それぞれの悩みに寄り添う支援を行っています。

take

8_top-4