ホーム >「自分を限りなく遠くへジャンプさせよう!」

演劇ワークショップ
 

 

 「自分を限りなく遠くへジャンプさせよう!」
                                  終了しました
 
   陽光に映える新緑に包まれて、気持ちよく殻がはじける
 
            ~はじめての方、大歓迎!~

 


 
小豆島の豊かな自然、愚放塾という広い古民家、そんな非日常的な生活の中で、世間的な気遣いから解放され、持て余している心的エネルギーを使い果たす、飽き飽きした習慣的な自分を払しょくする、そして、可能性に満ちた新鮮な自分を体験する、祝祭としての演劇ワークショップです。

無理なく効果のある「演劇メソッド100」を用いて、はじめての方でも楽しく演劇の世界へ誘います
 
はじめての出会い、はじめての演劇、すごく緊張するのは当たり前!

愚放塾の演劇ワークショップでは、ゆっくり時間をかけて互いの信頼関係を築いたうえで、ワークが始まります。少人数のよさを最大限に活かして、一人ひとりを大切するきめの細かい各ステップを踏んでいきます。各ワークごとに振り返り、各自の体験を共有しながら納得するまで話し合います。

「演劇メソッド100」に基づいた独自の演劇的手法を用いて、非日常的な演劇空間であるがままの自分が開き、いつもとは違った頭や体の使い方が新鮮に感じられることでしょう。
 
台本を用いてシーンスタディーをしながら、最後はみんなでひとつの舞台を作り上げます。
 
台本を使うのは、もしかしたら長い人生でも一度も経験したことのない出来事に遭遇するためです!

舞台という虚構空間で配役になり切り、配役の視点から物事を考え、未知の体験をすることに意味を見出しているからです。人間の脳はさまざまな要求に合わせて変化できる可塑性があります。この非日常体験を通じて、脳はいままで眠っていた自分を揺り起こすでしょう。誰もが、新たな自分に目覚め、新たな生き方を学習するはずです。

みんなでひとつの舞台を作るにしても、配役を入れ替えたりして違う視点から物事を捉えるワークを行います。いい舞台を作るためにみんなが協力し合う喜びを味わいながら、そのプロセスにおいては、それぞれの配役についてその生き方や世界観を話し合ったり、配役を入れ替えて演じてみたり、さまざまなワークを取り入れ、各自の自己変容を促します。

*シー ン・スタディとは戯曲から選び出したシーン(場面)を実際演じて見て、演技の仕方や意味を話し合う実験的なワークのこと。たとえば、参加者全員がある役を演じてみせて、上手い下手ではない、その演技の違い、すなわち解釈の違いを話し合い、その場面を掘り下げ、さまざまな見方、生き方をスタディします。
 

【肥土山農民歌舞伎の様子】

今回ワークショップのの目玉として農民歌舞伎を観劇します。
 
見るばかりではな、「する演劇」のDNAを持つ小豆島の人たちが作り上げた農民歌舞伎。300年の歴史の重みのある歌舞伎の演技を見てもらいます。

生活に根差した演劇は時空を超えて初めて目にする参加者のの胸に響いてくることでしょう。

* 「肥土山農村歌舞伎」(県無形民俗文化財)は現在、地元の保存会によって毎年5月3日に離宮八幡神社の舞台で奉納されています。

【農民歌舞伎の名優三木総司さん】

 
舞台とは、無理なく簡単に誰でも変われる不思議な場所!
 

「がんばらない、らくしない、ごまかさい」を合言葉に決して無理をせず、安心できる雰囲気で、心の赴くままに新たな自分と出会うことをお約束します。

なお、「自己変容」の考え方については、「自己変容とは、自己イメージを変えることにほかならない」「愚放塾の演劇教育」をご一読ください。

→あるがままを表現するワークショップの様子はこちら
→ 自然に囲まれた愚放塾の周辺の様子はこちら
→ 広々とした古民家の愚放塾舎のなかの様子はこちら
→ 愚放塾のワークショップ体験者の声はこちら
 

【日時】
2017年5月3日 (水)14時00分 ~5月7日 (日)13時30分
 
テーマ「気づく、変わる、演劇体験!」
 
【定員】
4名(15歳以上:未成年者の場合は親の承諾が必要です。)  
*定員になり次第締め切ります。
 
【ワークショップ費用】
特別価格:30,000「円
* 宿泊代無料、現地までの交通費は自己負担。食費は別途10,000円いただきます。
 
【お申込み】
「お問い合わせフォーム」または電話にてお申込みください。
電話:080-4918-3580 木戸
 
【申し込み締め切り】
2017年4月15日
 
【確認事項
1. 古民家で合宿形式の体験型ワークショップです。4日間という短い期間ですが、互いの持ち味を認め支え合う関係を築くために、出来るだけ参加者同士で語り合う時間を設けます。
2. 愚放塾のルールはたった一つです。心に嘘をつかないこと。嫌なことは嫌、好きなことは好き、子供のように自由奔放に過ごしてください。
3. 愚放塾のモットーは自然との共生です。食事も野菜中心の献立です。なお、食事は11時と18時の2食です。
4. 1部屋2~3人で寝泊まりします。部屋割りは原則こちらで決めますが、同室希望があれば調整します。希望通りにいかない場合はご理解ください。当然男女別部屋ですので、ご安心ください。
5. 自由時間は、歩いて2,3分の浜辺の散歩や裏山の散策を気ままに楽しんでください。
6. ワークショップ前日来塾することも可能です。その他についても、ご相談ください。
 
【日程】
・第1日目(5/3)
12時30分頃 オーキドホテル ロビー集合
14時30分 オープニングセレモニー
15時00分 ワークショップ1
17時00分 農民歌舞伎観劇(観劇しながら夕食)
21時00分~ 語り合いの時間/自由時間

・第2日目(5/4)
8時30分 ハンドライティング
11時00分 ブランチ
12時00分 ワークショップ(野外)2
14時30分 ワークショップ3
18時00分 夕食
19時00分 語り合いの時間/自由時間

・第3日目(5/5)
8時30分 ハンドライティング
11時00分 ブランチ
12時00分 ワークショップ(野外)4
14時30分 ワークショップ5
21時00分 語り合いの時間/自由時間

・第4日目(5/6)
8時30分 ハンドライティング
11時00分 ブランチ
12時00分 ワークショップ6
14時30分 ワークショップ7
21時00分 語り合いの時間/自由時間

・第5日目(5/6)
10時00分 舞台発表
12時00分 フェアウェルパーティー
13時30分 解散

→「ハンドライティング」のやり方、効果など詳細については「大学休学、不登校生におすすめ!心の対話に『ハンドライティング』」をお読みください。
 
【集合場所】
オーキドホテル(小豆島土庄港前)
※ 解散時は、フェリーの時刻に合わせてお送りいたします。

 
【交通アクセス】
※小豆島の土庄(とのしょう)港のオーキドホテルロビーが集合場所となります。
小豆島への主な交通手段は、高松や岡山からフェリーでの移動となります。
 
【交通費:東京からの参考価格】
1. 高速バス(高松駅着/別途フェリー代あり)
 [バ] 東京駅 → JR高松駅:7,900円
 [フ] 高松港 → 土庄港:690円
 
2. 飛行機(高松空港着/別途バス、フェリー代あり)
 [飛] 羽田空港 → 高松空港:約12,000円~
(*お問い合わせいただければ6000円程度の格安航空の情報を提供します)
 [バ] 高松空港 → JR高松駅:750円
 [フ] 高松港 → 土庄港:690円

3. 新幹線
 [新] 東京駅 → 岡山駅:約15,000円
 [バ] 岡山駅 → 新岡山港:約500円
 [フ] 新岡山港→土庄港:約1,000円

*ご質問等はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

【お申込み】
「お問い合わせフォーム」または電話にてお申込みください。
電話:080-4918-3580 木戸

 
【愚放塾舎:連絡先】
住所: 〒761-4101香川県小豆郡土庄町甲2799番地3
代表: 木戸
Mail: guhoujuku@gmail.com

 

ホーム > 誰でも変われる「自己変容」ワークショップ