ホーム >小豆島愚放塾 > 塾長ブログ

愚放塾教育についてjpg

塾長ブログ


1:24時間フルタイム教育とは、詰め込みでもなければ、スパルタでもない

2:「成功体験」ではなく、「失敗体験」だ!

3:「失敗体験」から「積極的な逃げ」そして「居場所」

4:やりたいことをやり尽くす、そこから、使命への道が開けてくる。

5:「自分を使い切る」とは、どういうことか?

6:「豚もおだてりゃ木に登る」の本当の意味は?

7:正しく逃げなきゃ、鳥になれない!

8:期待しないで見守ること、その信頼がバネになる

9:愚放塾の演劇教育

10:愚放塾の農業教育

11:自然農法の考え方は、不登校の生徒に接する仕方において、目から鱗である

12:「死の経験」を潜ること、それは真の生き方を学ぶこと!

13:不登校生へ贈る言葉

14:大学休学、不登校の諸君、大きく逃げろ、小さく逃げるな!

15:自己変容とは、自己イメージを変えることにほかならない

16:デタラメに強い人間がこれから生き残る

17:演技の力

18:「誰とでも仲良くしましょう」という当たり前の欺瞞

19:「がんばらない、らくしない、ごまかさない」

20:スティーブ・ジョブズのつながる力を信じるとは?

21:生き方に迷っている若者へ贈る「生きる知恵」

22:そうじゃない、ただ草刈りがしたいだけなんだ!

23:大学休学、不登校生諸君、農的「いま」を生きないか?

24:「自己変容」こそ命の原理である。

25:「いのち」を分かち合う農業教育

26:ほとんどの人は目標を投げ出すが、投げ出さない人の特徴とは?

27:いまを生きるか、いまに生きるか、どっちを選ぶ?

28:「やるっきゃない」のトラウマ(1)

29:「やるっきゃない」のトラウマ(2)

30:自己プレゼン演技術その1

31:自己プレゼン演技術その2

32:キレイごとに聞こえるかもしれないが、極限もそう悪くない!

33:大学休学、不登校のみんな、居場所とは何だと思う?

34:「心に嘘をつかない」というのが愚放塾のルールであるのには、それなりの訳がある(1)

35:「心に嘘をつかない」というのが愚放塾のルールであるのには、それなりの訳がある(2)

36:教師の皆さん、些細なことを大切に!

37:大学休学、不登校生よ、諸君は与えられて開くのだ!

38:「分かち合う」という支援教育

39:出会いは一瞬であり、永遠である

40:大学休学、不登校生へ、昔は野蛮に遊んだものさ

41:哲学書を読むとは?

42:教師-生徒関係とは、悪くいうと権力関係である

43:教える-学ぶことは切磋琢磨の関係である

44:世俗に塗れて世知に長けた大人の役目とは?

45:塾生の成長を目のあたりにして…

46:大学休学、不登校生へ、自分を学ぶとはどういうことだろう?

47:考え始めると、いつもそこに行き着いてしまうことがある

48:生き方に迷っている若者への励ましの言葉!

49:ありのままの自分論(1):「ありのままの自分」を誤解しないでほしい。それはスタイルのことだ!

50:ありのままの自分論(2):ファッションで身を飾るより、スタイルを身に着けろ!

51:ありのままの自分論(3):「ありのままの自分」は決して見えない

52:ありのままの自分論(4):「ありのままの自分論」はいまや火急の問題である

53:ありのままの自分論(5):キャラ・コミュ文化とは何か

54:ありのままの自分論(6):若者コミュ文化とは?

55:ありのままの自分論(7):「自分」と思い込んでいる、その自分の線引きを変える

56:ありのままの自分論(8):「あるがままの自分」を肯定することが変化を生き抜くコツ

57:ありのままの自分論(9):集団の抑圧からの解放は意外なほど簡単!

58:ありのままの自分論(10):「自分を知り、自分が変わる」自己変容エクササイズ

59:ありのままの自分論(11):人間は無人島にひとりでいても演技する、本当か?

60:変革体験は幸福を永遠に刻印する

61:生きているのではなく、生きていくことを学ぶ、それが愚放塾の演劇ワークショップ

62:滅びの力を利して生きること、それが自然の摂理である

63:古典を読むとは?

64:なんとまあ、美しくて愛くるしいんだ!

65:大学休学、不登校生よ、苦悩の意味を知っているか?

66:大学休学、不登校生諸君よ、「それでもイエスと言えるだろうか?」

67:自分自身の人生を無意味に思う人は、不幸であるばかりか、生き抜く力もわいてこない

68:愚放塾をぶち壊す

69:自画像は本当に自分で描いたものなのか?

70:ネガティブな気分とどう付き合うか?

71:愛の経験

72:生きることは楽しいと言い切るゆとりのある人間が、我々の中に何人いるだろう

73:ほんとうに弱い人になるために!

74:標準化の流れに逆らおう

75:固い頭から自由になって、感覚を解放しよう

76:人生の「ツケ」を生きる力に変える

77:大学休学生や不登校生は復学・復帰を目指す以前に何を極める?

78:愚放塾版「いのち」の授業

79:若いうちに承知しておかなければいけないこと

80:大学休学、大学不登校の諸君よ、逃げて逃げて逃げまくれ!

81:ニート進化論

82:人生は何度でも新しくなる

83:デヴィッド・ルヴォーの思い出(1)

84:デヴィット・ルヴォーの思い出(2)

85:デヴィッド・ルヴォーの思い出(3)

86:デヴィッド・ルヴォーの思い出(4)

87:教育は綱渡り、教師は魔術師である。

88:弱いまま強くなるために(1)

89:弱いまま強くなるために(2)

90:弱いまま強くなるために(3)

91:弱いまま強くなるために(4)

92:弱いまま強くなるために(5)

93:弱いまま強くなるために(6)

94:弱いまま強くなるために(7)

95:弱いまま強くなるために(8)

96:弱いまま強くなるために(9)

97:弱いまま強くなるために(10)

98:弱いまま強くなるために(11)

99:弱いまま強くなるために(12)

100:弱いまま強くなるために(13)

101:弱いまま強くなるために(14)

102:弱いまま強くなるために(15)

103:弱いまま強くなるために(16)

104:弱いまま強くなるために(17)

105:弱いまま強くなるために(18)

106:弱いまま強くなるために(19)

107:弱いまま強くなるために(20)

108:弱いまま強くなるために(21)

109:弱いまま強くなるために(22)

110:弱いまま強くなるために(23)

111:弱いまま強くなるために(24)

113:弱いまま強くなるために(25)

114:弱いまま強くなるために(26)

115:弱いまま強くなるために(27)

116:弱いまま強くなるために(完)

117以降はこちら


ホーム >小豆島愚放塾 > 塾長ブログ