ホーム >塾長ブログ >10,000熱中するためには? > 「がんばらない、らくしない、ごまかさない」

 

「がんばらない、らくしない、ごまかさない」
2015/3/19 塾長ブログより
 
三無主義の有効活用
 
当て事が外れるのは世の常。目的は達成できず、淡い期待は崩れて夢もはかなく破れるものだ。

また、失敗は誰もが経験する。しかし、失敗で立ち直ることができない人も少なからずいるだろう。気力が失せて何もする気が起こらない。いつまでもぐずぐずして、動くことさえ面倒くさくなる。

僕は、そんな人がいたら、「それでいい!」と言ってあげたい。なぜなら、頑張らなくても立ち直る方法があるからである。

僕らの高校時代は無気力、無関心、無責任の三無主義が流行って、「しらけ」の世代といわれた。無責任はいただけないが、無感動なら許す(笑)・・・僕も三無主義者の端くれだったので、三無主義が当時世間で言われていたほどマイナス・イメージだけではないことを知っている。むしろ、もっと有効活用できる。

三無主義のしらけ方にはそれなりの流儀があって、その流儀に則って段階を踏めば、頑張らなくても新たな地平が開けてくるはずである。

自己否定や自己嫌悪に苛まれて苦しんでいる若者に向けて、今日は三無主義の処方箋をお送りしようと思う。

絶望に打ちひしがれた時には、あらゆる言葉に無という接頭語つく。そして、その語が増殖していくものだ。なにもかも無価値に思えて、生きることすら無意味に感じてしまう。

その「無」が人生を覆い尽くす時、人は生きることに耐えられなくなる。しかし、死に急ぐことも頑張ることになる。頑張ることは三無主義にない。なすにまかせる三無主義を徹底するのである。
 
三無主義の有効活用(1)「頑張らない」
 
それが三無主義流儀の一段階目である。

すべてに意味を見出さない境地に至ると、目的に向かってあくせくしていた事が不思議に思えてくる。その自分が愚かに見えて笑ってしまう。かつて目指していた目的でさえ無意味になったのだから、当然である。

そうして心から義務や役務の念が消え、安らぎの時間が訪れる。目的への隷属から解き放たれた豊穣な時間が立ち現れる。一瞬一瞬が自律して輝いている。一回切りの清らかな「いま」が連なっていやがうえにも浄福に包まれた至福の時を過ごすことになろう。

とはいえ、この境地になるのはそう簡単にはいかぬ。修業を積んで悟りでも開かないかぎり無理であろう。修業をするなど三無主義の精神からすれば、もってのほかである。

したがって、ほとんどの人は、なにもしないことの退屈さ、すべてを無化することの苦しさに耐えかねて途中で切り上げてしまう。しかし、こうなるのことは初めから分かっている。決して挫折ではない。三無主義の流儀には織り込み済みのことである。
 
三無主義の有効活用(2)「楽しない」
 
それが三無主義流儀の二段階目である。

ここで、無の退屈に飽き飽きした自分に課すことは、初めてすること、誰でもできること、体を使うこと、そして、「らくしないこと」。その四条件が満たされていればなんでもいい、自分で見つけてそれを実行に移す。ともあれ、「らくしない」程度のことをすることが大切である。

たとえば、山に登る。高い山でなくていい。1時間ほどで登れる山を選んで、登山する。頂上に立った時の達成感を味わう。あるいは、農園の草刈りでもいい。ある程度の範囲を決めてすべての草を刈る。刈り取った後を見て、達成感を味わう。

心の芯から「やった!」という気持ちが湧き上がってくるだろう。しかし、「やった!」と感動した途端、三無主義の流儀は終了ということなってしまう。だから、もう一度、あらためて「しらけ」てみるのである。

「こんなことやって、何の意味があるのだ!」と。

その過程を経てから、最後の段階に移る。
 
三無主義の有効活用(2)「ごまかさない」
 
それが三無主義流儀の3段階目である。

「いま」したいことを「ごまかさない」ですぐ実行する。心に嘘をつかないことが大切。何もしたくなければ何もしない。寝たければ寝る。しかし、こういった人はあまりいないだろう。趣味でもいい。気晴らしでもいい。何でもいいから、「ごまかさい」ですぐにしてみる。

不思議な体験に包まれる。三無主義の流儀を徹底しているうちに、何か言い知れぬ力が全身にみなぎるかもしれない。元気が体に息づいているような心境になるかもしれない。何とも妙な気持になる。

いずれにせよ、やる気が満ちてきて「本当にやりたいこと」の輪郭がぼんやりと見えくることだろう。
 
参考記事:生き方に迷っている若者へ
→塾長のトラウマ体験「塾長インタビュー:人前で演じるなんてとてもできない性格でも大丈夫ですか?(Q11)」
「自分を甘やかしてはならないが、自分を甘えさせることは許す」
「『変わる』ためのの小さな習慣術」
「生き方に迷っている若者へ贈る生きる知恵」
「生き方に迷っている若者への励ましの言葉!」
「標準化の流れに逆らおう」
「10,000時間熱中するためには?」
「いまを生きるか、いまに生きるか、どっちを選ぶ?」
「生き方に迷っているあなたへ」
 
ホーム >塾長ブログ >10,000熱中するためには? > 「がんばらない、らくしない、ごまかさない」