0812_top_photo-neo

はじめての方へ

愚放塾では、若者の悩みを解決し、その可能性を開く取り組みをしています。

じっくり悩めない時代

将来に明るい希望を持てない、どう生きたらいいのか分からない、人とうまくコミュケーションが取れない、自分を肯定的に捉えることができないなどの悩みは、少なくとも一生のうちに一度はもつ悩みといってもいいでしょう。

若いときは、自分に自信が持てず、悲観的に考えてしまいがちです。

まして、めまぐるしく変わり、競争は激しさを増している社会にあって、自分の活かし方が見出せず、生き方に迷っている若者は少なくないと思います。

しかし、いくら悩みが深刻でも、解決法をじっくり考えることは面倒くさい、自分を見失っていると感じても、自分を信じる努力もしない、そんなふうになんとなく毎日を過ごしてしまっていませんか。

現代とは、そういう時代です。

情報があふれかえり、たえず焦燥感をあおり、悩みから、自分から、目をそむけないと、自分自身を保てないからです。

自分を学ぶ

愚放塾にはテレビもラジオもありません。

あえて情報を遮断した生活をしています。そうしていくうちに、自然や生活の営みから、そして、自分という営みから、貴重な「情報」がたえず発信れていることが分かるようになります。

見通しの悪いなかで感性は研ぎ澄まされ、必要に迫られて思考は深まります。

ですから、愚放塾の生活にはゆとりが生まれます。やらされるのではなく、おのずから感性や思考をフル稼働しているときは充実感に満たされます。そんなときに人はゆとりを感じるのではないでしょうか。

自分を見つめ、悩み考える時間がたっぷりあります。もちろん、対話を通して、悩みを打ち明けたり、一緒に悩み相談に乗ってくれる人が周りにいます。

そして、演劇で遊び、無駄から作り 新たな自分とつながり、そして熱中する、そんな生活の中から「自分とは何か」という答えが見つかってくるのです。

自分が変わる

一度、愚放塾に来てみませんか?、心や体の変化は小豆島愚放塾に来たその日から実感できます。

愚放塾周辺の豊かな自然、美しい風景に包まれて、ゆったり休憩をとり、疲れ切った心が休まります。傷ついた心の傷が癒されます。

「頑張らない、楽しない、ごまかさない」をモットーに、愚放塾独自の教育プログラムで、旧い自分から新しい自分への「つなぎなおし」が起こります。

愚放塾の教育目標である「自己変容」を、演劇ワークショップや入塾体験コースで体験してみませんか?

【滞在型教育プログラム】・【体験型のワークショップ】・【実践型の社員研修】と3つのプログラムを用意してあります。

愚放塾の取り組み

 

1.滞在型教育プログラム

bosyu_bnr

2.体験型ワークショップ

work_bnr

3.実践型社員研修

社員研修2

人目ばかり気にしてまったく自信のなかった少青年期。
演劇に救われ、演劇によって若者を育てた壮年期。
癌から人生を教わった中年期。

それぞれの期間での貴重な「学び」がありました。 その「学び」を若者のために役立てたい老年期。

塾長より

「塾長インタビュー」はこちら

電話でのお問合せは
080-4918-3580

tktm_bnr_250

「鈴木先生」の作者『異才漫画家武富健治』の誕生までの体験談!

  • 塾長より
  • 愚放塾の使命とは?
  • 大学休学、大学不登校の解決
  • 10,000時間熱中するには?
  • 変わるための小さな習慣術
  • 逃げることを悪いとする、価値観から逃げろ!
  • 塾長ブログ
  • 変わりたいのに変われないのは、なぜ?
  • 弱い人ほど強い!
  • 「ありのままの自分」はいない!
  • 「ありのままの自分」を磨く
  • 不登校の実態
    (原因解決へ向けて)
  • うつへの対処法
  • 環境を変えてみよう
  • 愚放塾体験記
  • 塾生日記
  • 愚放塾周辺アルバム
  • 愚放塾舎探訪アルバム
  • 愚放塾ワークショップアルバム
  • 愚放塾ワークショップビデオ(1)
  • 愚放塾ワークショップビデオ(2)
  • ワークショップとは?
  • 身体性を取り戻そう
  • 性格って何?
  • 緊張はなぜ起こる?
  • 日本人のプレゼンスキル
  • プレゼンテーションの極意
  • ワークショップ写真
  • 愚放塾の社員研修
  • 社員研修のメリット
  • 会社が伸びない訳
  • 大学不登校生の「ひきこもり」脱出法~Q&A~
  • 弱いまま強くなるために
  • ありのままの自分論
  • ほとんどの人は目標を投げ出すが、投げ出さない人の特徴とは?
  • 期待しないで見守ること、その信頼がバネになる
  • キレイごとに聞こえるかもしれないが、極限もそう悪くない!
  • スティーブ・ジョブズのつながる力を信じるとは?
  • 心に嘘をつかないことの効用
  • 化粧と演技
  • 動的平衡性と自己変容