ホーム > ワークショップ・スタイル > プログラム内容詳細

プログラム内容詳細(シラバス)

プレゼン上達ワーク(2時間・20人)
人前で魅力的に話すエッセンスを学ぶ。

テクニックより、相手に伝えたいという思いの方が大切であることに気づきます。
1. 相手の魅力を見つける。
絵を描く作業を通して相手について知りたいことをインタビューし合います。
2. 新「ネタ」で自己紹介をする。
互いにインタビューしたメモを交換し、それをネタに自己紹介をします。


コミュニケーションワーク(2時間・20人)
非言語コミュニケーションの力を知る。

アイコンタクトや微笑みなどの非言語コミュニケーション力を楽しみながら体験します。
1. 相手を生かし自分を生かす。
非言語コミュニケーションゲームを楽しみながら、相手と気持ちよい関係を築きます。
2. 全体の中で自己を生かす。
全体の雰囲気を感じ取りながら自分の思いや感情を伝える方法を体験から学びます。
*この講座は大人・大学生・小学生・中学生・高校生・不登校生徒に応じてアレンジできます。


自己発見ワーク(2時間・10人)
粘土づくりを通して自己を再発見する。

粘土づくりを楽しみながら、他人の目を介して隠れた自分を発見します。
1. 触覚粘土づくり
粘土に触れる感触を楽しむように粘土を練り、心にフィットする形を探していきます。
2. 自己発見
各自が作品に対する他人のコメントを通して自己を見つめ直します。


自分づくりワーク(2時間・20人)
あるがままの自分の素晴らしさを知る。

簡単なシアターゲームを楽しみながら自己を解放していきます。
1. 自分らしくふるまう。
温かい視線に支えられて「あるがままの自分」を表出します。
2. 「あるがままの自分」を演じる。
観客の視線を感じながら俳優の気分で「あるがまま」の自分を表現します。


支援ワーク(2時間・20人)
相手の気持ちを察する。

感覚で感じ取るゲームを通して、相手の気持ちに応じたふるまい方を学びます。
1. 他者志向性を感じ取る。
エイリアン通訳ゲームを通して相手の動き・表情を読み取り、ふるまい方を模索します。
2. 相手の気持ちに寄り添う。
「介護ゲーム」によって相手を感じ、状況々々に合わせて的確なふるまい方を考えます。


ダンスワーク(2時間・20人)
ダンスで喜びを分かち合う

それぞれのリズムを楽しみ、日常の制約から解き放たれた喜びを分かち合います。
1. 心を開く。
グループやソロで踊る場面を設定し、それぞれが自己解放の喜びを味わいます。
2. 心を交わす。
ペアダンスを通して心の交流をし、次第に打ち解け合っていくプロセスを体験します。


ホーム > ワークショップ・スタイル > プログラム内容詳細