ホーム >小豆島愚放塾 > 塾長ブログ

愚放塾教育についてjpg

塾長ブログ(2)

201以降はこちら


200:ひねくれ者の脳には瞑想がいい

199:今夜は親鸞の心境である

198:大学休学生、不登校生の諸君、けち臭い自尊心の餌食になるな!

197:愚放塾の演劇教育は、自己の物語を再編することにある

196:煩悩具足の凡夫よ、落ちろよ、落ちろ!

195:愚放塾の演劇教育は肥やしでしかない~僕の演劇史も踏まえて~

194:「ああ」という感嘆のなかから、豊饒なものを発見せよ!

193:殻を破るのを阻むものとは?

192:悲しみに暮れて泣いている人は、安全な場所を確保している人である

191:道徳と倫理は、似て非なるものである

190:みんなが好きなことを好きなだけやっても、機能するのが愚放塾である

189:そこに優劣はない、違いがあるだけだ!

188:原因を探究するな、今を起こっていることに素早く対応するのだ

187:感覚、知覚、感情、そして情動

186:どこまでも人を好きになることとは?

185:お酒の翌日は森の公園にかぎる

184:孝行とは、親の心を知ること!

183:僕らの子供の頃は、当たり前のように死が身近にあった

182:高度医療病院の実態を告発する

181:悲しみがシンクロした。

180:偶然は、神秘か、屁理屈か

179:「僕が死んだらなんていうの?」と妻に聞いたら、「死んでくれてありがとうって言うわ」と答えた

178:欲望を満たすためなら死んでもいい!

177:満足できないのが人間であると思ってあきらめよう

176:真のプロ野球ファンは、春のキャンプでシーズンを終える

175:このあいだ卒業した塾生はなんと享楽経験をした!

174:秋の夜長の慰め事は酒ばかりではない

173:見るなの禁の謎解き

172:半月を見てお月さんが壊れているという発想が生まれるとき

171:鈍感な人間は人を傷つける、悲しいことにそれが分からないだけだ!

170:「人間のルール」を超えるとは?

169:下着フェチと信心の次元の話

168:大学不登校、休学生の諸君へ、体験ではなく、経験をしなさい!

167:見渡せば花も紅葉もなかりけり

166:未来のない未来を経験する

165:カントの天才論(2)

164:カントの天才論(1)

163:富士山と天下茶屋、そして「富嶽百景」の娘さん

162:知った悲しみ

161:復学を目指す大学休学生へ老婆心ながらひと言

160:大学に復学する卒業生へのメッセージ

159:風邪も心の病も治すものではない。

158:人間は開放系。心もそうなら腐らない

157:サルトルの「まなざし」について

156:「理性的に」という言葉の被害者はいつも弱者である

156:真面目に生きろよ!

155:自分で作ったルールなのに守られたためしがない!

154:ママ~、学校は避難訓練しか教えてくれなかったよ

153:ふとしたことで河口湖の教員時代を思い出す

152:絵を描きながらしゃべるのが演技の秘訣である

151:人の目を見ないで話してどこが悪い

150:「私」が消えるとき、詩人と俳優は生まれる

149:カントの「可能性について」の覚書

148:混迷の度を深める現代を生き抜くには、マティスの方法から学べ

147:人間にはカエルと違って遊びがある

146:好きになったら隙を見せるな!

145:幸せの女神は人間どもの欲望でひどい姿になってしまったのをご存知か!

144:セレブを気取った人たちの陰口を聞いたことがあるだろうか?

143:自己愛の強い人はチェーホフの「かもめ」を読もう!

142:秋風が運んできた「おぞましいもの」

141:笑われることは、おばかさんの特権だ!

140:僕が教師になったやむにやまれぬ事情

139:創造の「プロセス」は、自己変容の経験?

138:「からだ」の内面の動きもふくめて「ことば」なのだ!

137:人目を仲人として結ばれたのが「自愛」である?

136:「いのち」とは波である?!

135:生活に息づいた「なにか」こそ、決して失ってはならないものだ!

134:自己救済としてのユーモア

133:ユーモアには死のにおいがする?

132:「思いやる」ことの罪深さ

132:人間のズルさは人間だけの知恵?

131:人を嫌うこと!

130:微細な自己を発見する「ハンドライティング」

129:自分を知るために、いろいろ試し考えること

128:二重生命体としての即興劇

127:二重生命体としての私たちとは?

126:身体(=身)とは、場を含んだ生命活動である

125:ひと言で「身体」と呼ぶが、身と体には歴然とした違いがある

124:身体とは「当たり前」以上のものである

123:失われた現在が自己変容を可能にする

122:失われた「いま=現在」の体験

121:行為の中でその都度生成する感覚主体を磨こう!

120:「自己変容」の状態を探る(画家と俳優と兵士との類似性)

119:「コミュケーション」の力!

118:大学休学、不登校の諸君、若いときの苦労は人生の宝だ!

117:演劇教育の基本は自己イメージの衣を脱がせること

116以前はこちら


ホーム >小豆島愚放塾 > 塾長ブログ